木. 7月 7th, 2022

速度制限を解除する方法

以前は室内に限定をしてパソコンやタブレット端末を使用していましたが、昨今ではそれらを屋外に持ち出して移動時にネット接続ができる環境が整いました。

さまざまな方法で接続ができますが、もっとも主流となっているのがWiMAXと呼ばれるモバイルWiFiを利用する方法です。
2010年頃に登場した次世代型通信規格で、現在では数多くの通信事業者がサービスを用意しています。

このWiMAXを利用する場合、毎月定まったデータ量以内でしかネット通信ができないのが特徴です。
それ以上利用すると、制限をかけられてしまいます。

ネットの制限がかかる

解除をする方法は用意をされているため、もしも制限がかかった際は活用してみるといいでしょう。
その方法とは、個人一人ひとりが契約をしている通信事業者のオプションを活用するものです。
あらかじめ定められている容量以上になった場合は、別途データを購入することが可能です。

大半が1GBから販売をされており、当月内で利用する分を買うことで快適にネットサーフィンをおこなえるようになります。
また残ったデータは翌月に持ち越しができる場合もあるため、利用しやすい環境を用意されているといえるでしょう。

WiMAXで速度制限がかかる条件

WiMAXは24時間365日、常時ネット接続が可能というのを代名詞にしているサービスです。
昨今では5Gという次世代通信規格を採用している機種が主流となり、
固定の光回線と同等の速度を実現するモバイルwifiになっています。

WiMAXをすでに活用されている方のなかには、速度制限がかかってしまったという経験をされた方も多いことでしょう。

速度制限がかかる条件は、大きく分けて2パターン存在します。
まずひとつは、10GB以上のデータ通信をおこなった時です。
多くのWiMAXサービスでは1ヶ月あたりの利用データ量を10GBまでと定めています。

データの使用量

映画視聴やオンラインゲームなどをおこなって当月内で10GB以上を使用すると、
その後は翌月になるまで120Mbpsの速度となります。

さらに、利用時間帯でも速度制限を設ける場合もあります。
もっともネット回線の利用が高まる午後から夜間にかけて発生しますが、
これは契約を行っている通信事業者ごとで異なります。

自社回線を有しているところであれば発生しにくいのですが、回線を借り入れているサービスだと
制限をなされる頻度が高くなりやすい傾向にあるのが特徴です。