日. 12月 4th, 2022

分離プランとは実際にはどのようなものか

これまで携帯電話を買おうとすると、携帯電話本体を何回払いで支払うのか、それの分割の回数によって月々の携帯料金も変わるものでした。

ですが、本体とサービス料金を合算したプランであると「分かりづらい」また「長く本体を使い続けても恩恵がない」ということで、長期のユーザーからは不満が出ていました。ところが電気通信事業法の影響で分離プランが採用されることによって、古い本体を大事に使っている方も、その分料金が高くならずに済むというメリットがあるのです。

携帯電話料金の見直し

一見すると、WiMAXがどのような影響を受けるのか分かりづらいかもしれませんが、UQコミュニケーションズもプランを変更し、それによって解約する料金も以前よりぐっと安くなったのです。

政府が携帯通信会社の独占市場となっている通信会社にテコ入れを行ったことにより、これまでの「二年しばり」がなくなり、途中で解約したい人も
気軽に解約できるようになり、選択肢の幅が広がりました。

これは消費者によって選択の権利が増えたことも意味しています。そして実質三社の独占状態であった市場も広がり見せ、携帯電話やWiMAXの乗り換えがしやすくなったことは大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXが受けた電気通信事業法の影響

これまでは大手三社以外で契約すると、SIMロックや、購入できる携帯電話の機種の少なさなど、
乗り換えを行おうとすると非常にハードルが高かったものです。

ですが携帯以外にもUQがWiMAXの新プランを発表したことで、それまで万単位だった解約金も1000円と非常に金額が下がりました。

今は新ギガプランで、LTEオプション料が無料になる、auの携帯料金が割引になるなど、すでに持っているスマホ本体はそのままに通信会社を変更したいという場合にもハードルが下がったため、利用者が気軽に乗り換えしやすく、またその分市場が広がったことで、停滞していた市場も競争が始まり、ひと昔前までは携帯料金の使用料金で一人で一万円以上払っていたという方も、見直しによって千円台などかなりコストを下げることが出来るのです。

携帯電話は一人一台持つ時代

そしてそれはWiMAXのプランも同じです。今や携帯電話は一人一台持つ時代で、家族が多ければ多いほど、これまでは家計への負担も大きなものでした。それが分離プランに改正されたことによって、家計の節約にもなったというご家庭は多いことでしょう。

WiMAXの利用者もぜひその恩恵を受けるために、プランの見直しをされてください。数年前までとは違い、解約金が格安になったため驚くはずです。